マイプラネタリウム maiplanetarium

I'm planetarium curator, fan of stars, minerals and Japanese Sake.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

東大博物館「宇宙資源」



家から近くてレベル高い展示なのに無料。

なのでよく行く東大博物館、夏の展示は「宇宙資源」

http://www.um.u-tokyo.ac.jp/exhibition/2013SpaceResources.html

行ってきました(^^)v


IMG_3252.jpg





環境問題って、どうも説教くさくて人気がないというか、聞き飽きているのか、

プラネで話していても、聞き手がさーっと引いて冷めてしまう感があるので。



科学館としては重要なテーマなのだけど、私は企画としては扱いにくいと思っていて。

でもこういう切り方で、しかも東大の格式をもって展開されると。感動です。

とても良い展示でした。さすが。




HAYABUSA BACK TO THE EARTHが流しっぱなしになっているお部屋もあり^^

なんと上坂監督CG追加、篠田さん新ナレの特別編集バージョン(^o^)/




・・・・・・・・・

東大博物館、とても残念なお知らせが。

今回の企画展示が終了とともに、再開見込みなしの休館になるそうです。。。

ちょーガッカリなんですけどーーー(T_T)




一応、東京駅のほうで、展示スペース展開するようなことを言っていました。

でも、やっぱり、大学に、しかも東京大学にある、ということが重要な意味があると思うんです。

今までのようにはいかないんだろうなあと思いながら。。。

これからの東京駅の東大博物館に、期待です!!!




最後に、心に残る展示を、ありがとございました


IMG_3254.jpg



| コメント:3 | トラックバック:0 |
<<実山椒 | ホーム | 放送大学期末試験>>

コメント

うるしばたさん、
惑星の踏査、私も見ましたー。あんなにひっそり?大盤振る舞いな展示でいいのかという。(私、あの展示はがんさんと一緒に見に行ったような気が。。)
あれも、こういう視点で展示展開できるんだなあといたく感動したのです。
火星展も見に行ったのですけど。あれ?このブログに火星展の報告載せそびれてるのか。
2013-08-18 Sun 08:24 | URL | まい [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-08-06 Tue 23:05 | | [ 編集 ]
 東大博物館、私にとっては2007年の企画展「異星の踏査」が印象深いものでした。月の石と、Stardust探査機による回収彗星試料が世界初の同時公開、『はやぶさ』のイトカワ画像をムービーにした動画も流れていました。
 ここの中は独特の雰囲気があるんですよね。しかも、展示の仕方も素晴らしい。
 駒場キャンパスの方は、ISAS宇宙学校で年に一度程度行っていましたが、本郷の方は2007年が最初でした。有名な赤門も、ここだと初めて知った次第(三四郎池はまだ見たことがありませんが…)。

 確か、総合図書館の工事の関係で、風物詩となっている合格者発表の掲示も3年間取りやめ、ということだったんですよね。
 → http://www.news24.jp/articles/2013/07/24/07232988.html

 宇宙研で開催の、月・惑星シンポジウムや太陽系科学シンポジウム(これらは合流して「月・惑星」一本になった)でも、東大博物館所属の方が火星表面の探査機画像に基づく解析結果の発表においでになっていました。
 工事が終わる3年後に、再開されるかどうかでしょうね。ぜひ再開して欲しいですね。
2013-08-01 Thu 09:30 | URL | うるしばた [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。