マイプラネタリウム maiplanetarium

I'm planetarium curator, fan of stars, minerals and Japanese Sake.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

怪談プラネタリウム「よもつひらさか」やった



yomotsu1.jpg


予告通りしましたよ。怪談プラネタリウム。



yomotsu3.jpg



まずは春日氏と、神話に見られる「あの世」の対談。

そう、夏といえば、「こと座物語」が冥府を描いたお話ですね。

この話にそっくりなのが、古事記のイザナギとイザナミのお話。



<ギリシャ神話と日本神話の、あの世の共通点>

・入口は洞穴

・あの世までの洞窟は坂道(黄泉比良坂・よもつひらさか)

・三途の川を渡るとあの世

・あの世で食事をすると現世に帰れない(黄泉戸喫・よもつへぐい。ペルセポネも冥府のザクロを食べた)

・現世に連れ戻そうと迎えに行った死者の顔を見ると死者はあの世へ引き戻される


春日氏がオペラ歌手としての視点、宗教関係者としての視点から、解説して下さいました。

食べ物が口にあう、というのはその国の人になるということ、

あの世の食べ物を口にすると、現世に戻れないというのはあの世の描き方として世界共通なんだそうです。へー。



yomotsu2.jpg





休憩はさんで。

怪談・・・ではないのだけど、ちょっと怖い芸術映像

芸術家・飯田将茂氏の「ゆうやけおばけがつかまえた」上映。


yomotsu4.jpg



今までドーム映像って、プラネタリウム用に作られてきたから、科学っぽい映像しかない。

それを、ガチ芸術作品としてドーム映像にした貴重な作品です。

もっとこういう映像を出せる機会を増やしたい・・・!

映像はこちらで視聴できます。

http://www.youtube.com/watch?v=cWUuRxwuh98




そして、黄泉比良坂をテーマにしたぞっとする話、「よもつひらさか」の朗読。

今邑彩さんの。



最後は結構怖がってくれる人もいました(^m^)ウシシ






最後に。春日さんと武藤さんとコミュニケータさんたちで1枚。

また来年も別のネタでできるといいな☆

yomotsu5.jpg







そうそう、昼間にうちの夫がまい企画の夏番組「星をさがす~星占いと天文学のものがたり」

も見たのですが、「いい作品だね。面白かった」と言ってました(^^)vブイ

星占いをテーマにして、天文学者に褒めてもらえるのって、嬉しい(ー▽ー)



| コメント:2 | トラックバック:0 |
<<荒川区立教育センターのプラネタリウム行ってきた | ホーム | 未知への挑戦を見つめて~宇宙開発と新聞報道>>

コメント

うるしばたさん、
お返事遅くなりました・・・!
あはは、怪談階段、その手があったか。笑
この道標は、イベントの遊び心でしたが、説明すると長いのでやめときます。
はやぶさを一周忌と表現してしまうのは、はやぶさはもはや機械よいうより、魂と人格をもったロボットでしたね。
ボイジャーも似たような「思い」がこめられた探査機だったと思います。
春日さんは今回の講演でもその知識の泉からなかなか脱力な「あの世」トークをしていただいて、楽しいイベントになりました。
2012-09-20 Thu 17:24 | URL | まい [ 編集 ]
 まいさんに素朴な疑問。トップの画像は、「怪談」にひっかけて階段を写したのですか?(^_^)>
 『はやぶさ』20世紀Fox映画にも、そういう場面が出てきます。川渕幸一に頼まれて、『はやぶさ』との通信復旧条件を計算した資料を検算し、それをもとに運用会議で川渕プロマネがこのやり方ならば可能性があると説明、そのあと水沢恵が資料を回収して運用室から退室しています(『はやぶさ』のミッション、小惑星の試料回収に"資料回収"をひっかけている…)。
 宇宙研の人たちは、基本ダジャレ好きですから(笑)。-何しろ、イオンエンジンのクロス運転では中和器の安定を祈る為に川口先生、岡山の中和(ちゅうか)神社に参拝に行ってしまうほどですからね。
 春日さんには、2011年6月の、『はやぶさ』帰還1周年記念講演会でお目にかかりました。
 『はやぶさ』地球帰還1周年について、大川拓也さんが『はやぶさ』の1周忌、といってその場にいた全員を脱力させたのですが、春日さんも同じ様に1周忌と言っていたので、何か相通ずる感覚というものがあるんでしょうね…。
2012-08-16 Thu 14:30 | URL | うるしばた [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。