マイプラネタリウム maiplanetarium

I'm planetarium curator, fan of stars, minerals and Japanese Sake.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

デジタルプラネタリウム第11回 相模原市立博物館



DPWS111.jpg



デジタルプラネタリウム第11回が相模原市立博物館でありました。

今回のお題は「プラネタリウムをインターネットにつないだら」




発表の半分くらい上坂監督のプレゼン(笑)

次期作品、エターナルリターンのトレーラー!みましたけど、

今日の記事は、ごめん、そこ書かない。またの機会で。





上坂監督3つの発表のうち、インターネットつながってる発表って、

星居天文台の話だけじゃん!!!・・・っていうつっこみは・・・・





でもね。監督のやってるリモート天文台の技術って、

わたし、リモートプラネタリウムを妄想したんだよ!


・・・・・

出勤中にスマホからプラネタリウム起動スタンバイさせておくことができたり、

担当者が遅刻や病欠しても、とりあえずオートを流すことはできたり。(高幣さんの発表でちょっと出てたけど)

スライスも、遠隔で出来て、別の地にいても落ちてるPCを確認、復旧できたら、

特に遠隔地方の装填なんて、業者さんは格段に便利なはずじゃん?

そもそもすでにスライスはいらない技術はできているからそっち導入が先かもだけど。



メーカーもいっぱい参加してたけど、「よし!このネタもらい!」と、開発する社はないのかしら。

と、思いながら、発表聞いていましたよ。


DPWS112.jpg






んー、でも。

題目的には、いつも以上に「オリハルコンどーだ、すごいだろー!」

を皆で「ぽかーん」と見る会だったような(^^;)


DPWS113.jpg





開発側だって、使われる側がいてこそ意味がある。

だけど、その開発製品を骨の髄まで使い倒すユーザーとの、

相思相愛関係って、箱の事情でうまくいかない。。。

上坂監督のリモート天文台は、開発とユーザーが一致しているから実現してるけど。。。






あいかわらず男子にモテてる高幣さんと、ファンその1、その2。(^m^)


DPWS115.jpg





| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<画材店バイトの想い出 | ホーム | 淵野辺>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。