マイプラネタリウム maiplanetarium

I'm planetarium curator, fan of stars, minerals and Japanese Sake.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

手話つきプラネタリウム見学


rouapla1.jpg



何年か前、筑波技術大学の展示をしたことがあり、

視覚聴覚障害者向けのプラネタリウム番組を作りたいという欲求があります。




北とぴあで、手話・字幕・口話の投影のお知らせが来て、行ってみました。西岡先生と。


rouapla2.jpg





北とぴあ、前回来たときはベラガイアでメガスターだったので、

GSSⅡで見るのは初☆


rouapla3.jpg




低学年向けと、高学年向けのプログラムを2つ見学。






感想は。

・・・うーん(^^;)もうちょっとやりようがあるような・・・・

でも!やってみよう、という試みが素晴らしい!ということで。


私が作るときはこちらの団体に協力していただきたいなー。









私が作りたい聾唖対応プラネタリウムは。

視覚が限られてるとか、音が聞こえないとか、五感をあえて制限したり遮断することで、別の感覚が研ぎ澄まされてくる。

それをむしろ楽しんで、聾唖と健常が共有できる空間。

プラネタリウムのドームは完璧な暗闇を作ることができる。あんなに暗い空間って他にない。防音に関しても。

それらを芸術的にまとめた番組を作って、皆で楽しみたいよ。



| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<新潟酒 | ホーム | 桐朋プラネがデジプラでリニューアル>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。