与論島の友だち



与論の友だち紹介する!



yut1.jpg


左が根岸さん。毎年の仲間だったけど、今年からついに与論に移住!マリンサービス唯一?の働き者!


正面奥がけいすけさん。一昨年来たときはテント生活していたけど、結局与論に移住&島のリゾートホテルで働いてる。


正面手前が、我らがはるおさん!!!ウドノスビーチの主・ヨロンマリンサービスのオーナー、
彼の懐の広さが、この居心地のいい場所を維持し続けてくれている。大好き!もう75歳くらい?全然元気だけど!


右奥がでんか!でんかは与論移住40年。63歳。毎年いっぱい遊んでくれる。
たぶん、マリンサービスの従業員。働いてるというんだろうか?(^^;)


右手前が、一番の友達、もりもり。
島でこの人知らない人いない、彼がこの島で知らないことなんてない、
彼そのものが与論島の全てのような、生粋の与論人。彼といればどんな海の底に行っても不安になることなんてない。


写真載ってないけど、ダイビングの岩下さんやいきつけ居酒屋海将のよしこ姉も。
まだまだいるけど、とりあえずウドノスのお馴染みメンバー。




見て見て!岩下さんと私の腕!


海の男と私の腕の違い


もりもりとどっちが黒いか比べたのも撮っておけばよかった。笑





-----
与論島は沖縄じゃない。沖縄本島はもうすぐそこなのに。勝手に区切られた県境なだけ。
それがこの島の一番の問題。

鹿児島県というカテゴリのため、国からの補助金はなく、
輸送費がかかるため、運んで来るモノの物価は高く、ガソリンは日本一高い。

かつて沖縄返還前は、「南の島の楽園」的な売り出し方をされ、
島は自然や文化を壊しても、当時のバブルな観光にあわせた。
沖縄変換後、沖縄じゃないってだけで、今は手のひら返したように観光客の足は遠のいた。

いい年した島の男の月収は10万を切る。
この島で暮らす分には、土地も安いし、食べ物は海潜れば何かとれるし、
余裕のある人と分け合って暮らすことができるけど。。。

・・・・・
こんなにもこんなにも、私に素敵なものを与えてくれる与論に、
何か恩返しがしたいけど、何もできない。

友だちにはせめてお土産でも持っていこうかと思っても。
毎年、困るんだ。

東京でお金払って買えるものなんて、この島の豊かさを、素敵さを前にしたら、
全てがかすんでしまう。

私には何もできないのに。
そんなの関係なくいつも「ダチじゃねーか!」と・・・・




yut2.jpg


例えば。私が人に嫌われ誰に相手されなくなろうとも、どんなにだめになろうとも。

ここにだけは帰って来られる。

皆、いつもと同じ顔と口調で、迎えてくれる。そう思う。





私は沖縄本島は飛行機の乗り継ぎでしか行ったことがないんですよ。いろいろまわりたいとは思うのですが。うらやましいです。
家族水入らず楽しんできてくださいね!
いってらっしゃ~い!

来週沖縄

11日から3泊で沖縄本島に家族旅行です。私は沖縄県は47都道府県で唯一行っていない県。楽しみです。水族館で、うちの会社が作った人工尾びれをつけたイルカのフジに会わせてもらったり、海洋文化館のプラネ・ケイロンも見てくるつもりです。
台風9号が去って、次の台風が来ないことを祈ってます。
非公開コメント