マイプラネタリウム maiplanetarium

I'm planetarium curator, fan of stars, minerals and Japanese Sake.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

11/9 関東PWG技術分科会研修会 in 葛飾





満天の河野さんプロデュースで、

関東プラネタリウムワーキンググループの技術研修会、

第1回が葛飾区郷土と天文の博物館で行われました☆


katusika1.jpg





昼間に2本、一般のお客さんと番組見て、

閉館後にライブラリを2本見た!



katusika2.jpg





すごい!すごい!葛飾!!!

葛飾はすごい Digital Sky の使い手だって聞いていたけど、

新井さんがJPA出てこないから、まいは葛飾のこと全然知らなかった。



katusika3.jpg




番組。全体の構成といい、細かいところでセンスがいいし、ちゃんと人を育ててる。

どの番組もこのレベルは世界有数だと思う。












葛飾がすごいのは、DSを骨の髄まで使い倒し自分のものにして、

素晴らしい作品を提供していることだけど、

これに至るには、メーカー開発側と互いにそれだけの信頼関係がないと成り立たない。



katusika5.jpg






本当に理想の仕事を描きたかったら、相互にプロフェッショナルを認め合い、

共に築いて、そこから生み出されるものが互いの利益になる。

それが。理想のビジネスの形。













----------

でね!!

会も良かったけど、その後のお楽しみも(^w^)ウフフ



katusika4.jpg



メンツが濃すぎる!!特濃!!

高幣さんと笠原さんが隣に座り、その前で河野さんがM社について言う言う!

こんな光景、二度と見られないんじゃないかしら(^m^)




この写真はナイショだよ?


katusika6.jpg







こんなにも。この業界を盛り上げて支えてくれる力強い仲間がいっぱい。嬉しい。

そんな場を作ってくれた河野さんに感謝!






また皆でプラネしよっ?



| コメント:2 | トラックバック:0 |
<<そっくりさん | ホーム | 羽田のプラネタリウム>>

コメント

たつたつさん、
なんと、ご本人からΣ(@_@;)
稚ブログにおこし下さり、またコメントも有難うございますm(_ _)m

研修会はおかげさまでとってもお勉強になりました。
「餅は餅屋!」私もよく使う言葉です。

私はお父さんたち(伊東さんがんさん)が歯にものきせず言うのと、つくばの機械の調子が悪いのと、最初はメーカー不審だったんですけど。
でも数年働いているうちに、だいぶ見方が変わってきました。
作り手だって、壊れるように作りたいわけじゃないですし、自分の大切な作品に文句ばっかりつけられたら拗ねたくなる気持ち分かります。
「メーカーにべったり」とか「メーカーの食い物にされてる」とかではなく。
新しきを拓きたかったら、相互の協力が必要。
プラネタリウムを作る人がいなかったら、私たちはプラネタリウムという場で働くことはできません。

なんて思っているところに、先日の葛飾研修だったので、
番組も素晴らしかったですけど、メーカーと館がこれだけの信頼関係に至れていることに本当に感動しました。

葛飾はたくさんの人に、一般のお客さんたちだけでなくプラネタリアンたちにも、もっと見て欲しい館です。
有難うございました。
2010-11-11 Thu 17:37 | URL | まい [ 編集 ]
先日はご来館ありがとうございました。
ここまで褒めていただいて、嬉し恥ずかし…です。

私たちも、超特濃な方々を前にいつもの番組を投映させていただき、いろんなことに気づくきっかけになりました。
デジプラの本格的リアルタイム演出&生解説というジャンルは、まだ発展途上の段階であること。自分たちが試行錯誤しながらこのジャンルを切り拓いているのだということ。そして、このジャンルならではの演出や生解説の方法論がまだまだありそうだということ…。

そして、確かにこれは、メーカーとの信頼関係があってのことだと思います。

>本当に理想の仕事を描きたかったら、相互にプロフェッショナルを認め合い、
>共に築いて、そこから生み出されるものが互いの利益になる。

まさにそうだと思います。
私も、そんな格好いい言葉ではありませんが、「餅は餅屋であることをお互いに尊重しながら、お互いの持ち味を最大に発揮できるような関係の中で一緒に仕事をする」(あ、意味的にはほとんど同じだ)というスタンスを心がけています。

今後、葛飾の番組をいろんな館の方に見ていただきながら、一緒に新しいプラネタリウム番組の流れを作って行ければ素晴らしいな、と思っています。

本当にありがとうございました。
2010-11-10 Wed 23:13 | URL | たつたつ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。