マイプラネタリウム maiplanetarium

I'm planetarium curator, fan of stars, minerals and Japanese Sake.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

与論島日記2012




9/25朝、関西空港から沖縄経由、与論島へ!

今年も第2の故郷へ里帰り。ただいまー!^o^


yoron12.jpg




今年は、夫が先に与論島行って、私はあと合流の2泊3日で一緒に帰る。短い。

水中カメラ紛失で、スノーケリングしても海のなかは撮れなかったけど、

そもそも大型台風が2つ発生していて、海のなかも荒れ荒れ(×_×)


陸から見てる分には、変わらずにキレイな海なんだけどね。。。


yoron123.jpg

yoron124.jpg

yoron125.jpg




今年は大きな台風が何度も与論を直撃したから、島の農作物は全滅。

泊ってるホテルも屋根と壁がもってかれた。笑


yoron126.jpg




でも、その代わり、海のなかはやっとかき乱されて、藻がとれ、珊瑚がよくなってるみたい。

来年はきっともっと綺麗な海。


yoron122.jpg






着いた初日は歓迎会で飲み会で、翌日は送別会でまた飲み会。笑

yoron127.jpg

yoron128.jpg

yoron129.jpg




いっぱい飲みました(×_×)

yoron1210.jpg





今年はネコが大発生(^o^)/

yoron1211.jpg

yoron1212.jpg





あっという間の2泊3日。

はるおさんにもらったお土産の島バナナ。


yoron1213.jpg




我が家だとなんとも絵にならないことか(^^;)

yoron1214.jpg




また来年、帰ってきますね。^^





スポンサーサイト
与論島 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ギリシャ村とネコ

yg10.jpg

yg9.jpg



与論島は、ギリシャ・ミコノス島と姉妹都市。

黒い野人おじさんばっかでなく(笑)たまにはオシャレな面も。




ミコノス島も昔行ったことあるけど、ギリシャってホント猫だらけ。

yg8.jpg

yg2.jpg

yg3.jpg




-------
南にいくとどうしてこう、皆がネコみたいというか、奔放というか、そうなるんだろ。

東京にいると、衛生がとか、美容がとか、ファッションが、とか。
いっぱい気にして生きていかなきゃいけないけど、
この美しさの、寛容さを前に、そんなちっぽけなもの、全部どうでもよくなってくる。

yg4.jpg


yg11.jpg



・・・・・
石垣島で研究学会があって。一週間いたことあった。
それだけいると島内も満喫、八重山の各諸島もゆっくり回れて、
人、文化、物価、利便性、自然の美しさ、全ての魅力においてこんなにいい島はないと思う。
与論より先に知っていたら、毎年石垣島だったんじゃないかと思う。
あっちの海のほうがキレイなのも知っている。
それでも私には、与論島。


yg14.jpg


自分が死んだら。
なんて、考えたことがなかったけど。そうだよ、
お墓なんて窮屈なところに閉じ込めないで?
私の骨は与論の海に撒いて。
子供の墓参りは、与論の海で遊ぶこと。

そうだったらいいな。

yg5.jpg



与論島 | コメント:0 | トラックバック:0 |

与論の海



素潜りでも十分楽しめるんだけど、

地形を冒険したり、じっくり海洋生物の観察をしたいから、スキューバ。

毎年同じ季節に行くから潜るポイントはいつも一緒。

でも、昨年とここ違う、が見られてそれはそれでいーんです。


you4.jpg



お気に入りは「宇勝のアーチ」

地形もダイナミックでサンゴが元気、魚種が豊富。

見所は、珍しいコクテンカタギ。100%見られます。

ほら、2尾同画角で。


you3.jpg




なつっこいカスミチョウチョウウオたちもかわいい~♪

you1.jpg

you2.jpg


写真撮れなかったけどニシキヤッコやタテジマキンチャクダイにも会えるんだよ。







お気に入りその2は「海中宮殿」

この日、もう海のコンディションが二度と出会えないほど最高で・・・・・


you7.jpg



ああ、こんなにも美しい海が見られるなら、ダイビングをやっていて本当に良かったと、

こんな海を見たら、潜水病の心配なんてなければ、

何十メートルでも深く潜ってみたいし、何時間でも海の中にいたい。



そう思ったの。



you9.jpg


石でも山でも海でも、もちろん星も。

自分の目で見ないとだめ。

この感動は絶対に写真では表現できない。形には残せない。








-------
与論の海は悲しい。

与論島に来るときに飛行機上空からいつも見惚れる、
こんなに立派なサンゴのリーフは沖縄にもどこにもない。

潜ると綺麗なところもあるけど、小笠原や八重山のような活力はないし、
多くのサンゴは白化して、そこに藻が生え、砂漠のよう・・・



ツバメウオ
you8.jpg



1997年にエルニーニョ現象。
沖縄はそこまで被害なく、与論は見向きされてないから知られていない、
壊滅的な被害を受けた。


沖縄・九州は伝統的に、台風に悩まされてきた。
だけどずっとそうやって育まれたあの豊饒の海を、維持するには必要なもの。


コクテンフグ
you5.jpg




ここ10年くらいで台風の進路が変わっているの、知っている?


フィリピンから沖縄、奄美、九州、本州を渡って台風が来ていたのに、
最近は殆ど、八重山諸島あたりはヒットしても、そのまま台湾に抜けちゃうの。


与論ほどの立派なリーフをもっていると、それが防波堤。
かする程度の台風では、リーフ内はびくともかき乱されない。
そのせいでまた藻が増える。
藻の繁殖が、サンゴも海洋生物の成長も妨げる。


私はエルニーニョ以後の海しか知らない・・・
それでもこの海なのに、その前がどれだけ宝の海だったことか、

与論人も皆が言う「あの海は本当に奇跡のようだった」


見たかったな。

でも知ってたら泣いちゃうかも。


ハマクマノミ
you6.jpg





与論島 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。